トラブルへの対応

美容外科の中でも品川美容外科は全国に店舗を持つ大手です。近年施術後のトラブルによって集団提訴となり大きな社会問題となりましたが、集団提訴後も閉店することなく営業は続けられており、現在でも品川美容外科で施術を受ける人もいます。 提訴されてもなお営業を続けているのは、品川美容外科がその問題に真摯に取り組んでいる証でもあります。トラブルが起きた際にはなぜトラブルが起きたのか、再発を防止するにはどうすれば良いのかをきちんと対応していかなければ、患者はどんどん離れていってやがては潰れてしまうでしょう。 提訴問題によって品川美容外科を敬遠する人も少なくないでしょうが、施術前にしっかりとカウンセリングを受けることでトラブルを回避することができます。

現在では美容ブームもあり、全国各地に美容外科が急増しています。そのためクリニックによっては誇大広告や強引な勧誘などが行われている場合もあり、そのことでトラブルとなるケースも増えています。 美容外科を訪れる人は、現状よりきれいになることを期待して施術を受けますが、医師が事前に施術法の説明や合併症のリスクなどをきちんと説明していなかったために、患者との認識の相違がトラブルになるケースも多数あります。 このことは美容外科だけにとどまらず、どの医療機関でも言えることですが、治療の前にはしっかりと治療に際して説明をし、患者が納得してから治療を行うインフォームドコンセントを徹底する取り組みが重要視されています。